誹謗中傷の対処法

弁護士に誹謗中傷について相談してみました

私は28歳の会社員です。 数か月前まで、同じ部署で働く既婚者の男性と不倫関係にありました。
既婚者の男性は元々同じ会社の同僚の女性と結婚されており、女性は退職されています。
男性とはもう別れてはいるのですが、今でも相手の女性から誹謗中傷が続いています。
元々同じ会社だったのもあり、会社の人たちに不倫のことを公にブログで公開しているようです。
仕事では白い目で見られ、精神的にもかなり参っていました。
困った私は無料の法テラスという場所で弁護士に相談をしてみました。
そもそもネット上で誹謗中傷されることに対して、何か対抗策の一つでも見つかればよいという思いからでした。
弁護士に相談すると、今私がされている行為はプライバシーの侵害や名誉棄損になるそうです。
勤務先の人に不倫の事実を広めようとする女性の行動が名誉棄損に当たるそうです。
私は相談のすえ会社にいられなくなることも考え、慰謝料請求をすることを決めました。
こちらが悪かった部分もありますが行き過ぎた復讐で泣き寝入りをせず良かったです。

不倫女からの慰謝料が私の口座に振り込まれました。 あとは弁護士事務所に訴訟の和解調書を取りに行って、接触禁止についての説明を聞きに行くだけ。ほんとにあと少し! 去年の今頃はまだ不倫の証拠集めをしていてメンタルやられてた・・・ 長かったけど、必ず終わりが来る! がんばろう。 pic.twitter.com/7meydRYdup

— かのん (@mk__dt) November 29, 2021

誹謗中傷で訴えられるケースとは | 弁護士に誹謗中傷について相談してみました | 結婚式挙げなくてもいいですか